フラメンコな日々

2017年9月19日 (火)

第25回清里スペイン音楽祭♪

20170918


台風一過、気持ちよく晴れた高原の風景




遠くに見えるは八ヶ岳




伝統ある「清里スペイン音楽祭」




無事に終えることができましたnote






1985年に第1回目が開催されたという伝統あるこの音楽祭。




カスコーロの研究生だったころ、




毎夏八ヶ岳の山荘に佑子先生のお供をしていた頃、、




第1回、第2回、第3回(1987年9月に渡西するまで)毎年訪れていた場所ですconfident











濱田滋郎先生、エンリケ先生そして、クラシックギターの村治昇先生





スペイン音楽界のまさに重鎮たちの手によって、大切に大切にされてきた会なのです。

そんな会で自分のバイレを披露する日が来るとはsign03





暖かな方たちに囲まれて、とても幸せな会になりましたshine






先生方、ありがとうございましたconfident






この経験を糧にこれからもますます精進いたしますsign03






20170918_2





















2017年8月27日 (日)

バルセロナ・プーラ!

Photo



おかげさまをもちまして、無事に終了いたしました。

怒涛のライブ週間sign03




写真は、ガルロチ出待ちの一コマ。




普段は100%自分企画で公演をすることに慣れているので、




今回のようなコラボは初めてといってもいいかもしれない。




その上、オープニングから揃いものあり、小道具ありのフル装備note




こんなにちゃんとエンサージョしたのも久しぶりsign02




ガルロチ出演のために来日しているグループの座長パロマも、



暇なのか、すべてのエンサージョに同席(汗)してくれて、



いろいろなアドバイスをくれたり、、、



スペイン人も日本人も最後は愛だねheart01




どれだけ相手のことを気遣うかで、最後には心が開く。




最後のヌメロ、、、「ソレア」




アントニオのサリーダに打ちのめされました。




フラメンコの聖地「ガルロチ」(エル・フラメンコ)で、あんなソレアが聴けたこと、、、




フラメンコは踊りじゃない。




フラメンコはフラメンコだ。




そして彼らのものだ。




私たちはそのちょこっと外側で、フラメンコが大好きだよっって




あくまでも謙虚に(最大の尊敬をもって)に相対するべきだとつくづく思った。






























2017年7月31日 (月)

JUEVES FLAMENCO 終了いたしました!

Fullsizerender

7月27日(木)スペインバル「リコリコ」にて、

フラメンコスタジオ ラ・ブレリア 初の生徒ライブnote「FUEVES FLAMENCO」noteが、


無事終了いたしましたhappy01




(写真は、出待ちの楽屋での一コマ。)



満席のお客様の、温かい拍手とハレオに包まれた、初デビューshine

となりましたsign03







前からのお客様の視線と、

バックからの仲間の視線を受けて、

思うさま自分のフラメンコを発揮できるか否かは、、、

常日頃の精進のみがモノを言います。

どんなことがあっても、

言い訳はできない、、、まさに「ライブ・生」なのですから、、、

いろんなハプニングや、失敗を乗り越えてこそ、

成長があるのです。







こうして一つコマを前に進めたメンバーたちには、

さらなる前進を期待します。




頑張ったねshineshineshineshine

お疲れさまでしたsign03sign03sign03sign03



また、この後に続かんとするメンバーの

奮闘にも心からのpunchエールpunchを送りたいと思いますheart01






焦らずに、、、

でも弛まずに、、、


2017年6月 9日 (金)

エンリケ坂井 ソロライヴ

Img_3187

昨日はわが師エンリケさんのパセオライヴnote

近年はカンタオールとして舞台に立たれることが多いが、
言わずと知れた名ギタリストである。




昨日は、タランタを皮切りにギターソロの醍醐味を存分に聞かせてくれた。




月並みすぎるけど、、、

本当に本当に良かったsign03sign03sign03



スペインに思いを馳せる心の風景を
音で、
五本の指で、
色、匂い、空気までを変える

エンリケさんの「ソロギター」



ペペ島田さん(合掌)に捧げたシギリージャでの涙のラスゲアード。。。。




今風の小細工も、カッコよく、見栄えよくという衒いも何もない。




ただの、、だけど絶品のフラメンコ。




超絶の音の向こうには、ひたすらなフラメンコへの愛heart01




後塵を排するものとしてあの境地を目指して行きたいものです。




shineマエストロshineありがとうございましたshine

2017年5月 8日 (月)

今年も無事「ミヤギグ」終了しました!

Img_0882_2

昨日、5月7日(日)ゴールデンウィークの最終日、

風も心地よい一日。。。



我がスタジオにとっては7回目sign02となるミヤストリートギグ「ミヤギグ」
にスタジオ生有志で参加いたしました。


昨年から今年にかけて加わった新しいメンバーさんたちも初参戦punch

「ラ・ブレリア」新メンバーとして、良いスタートを切れたら嬉しいですhappy01




先輩メンバーさんたちは、ほぼ全員新曲に挑戦ということで、
かなり練習頑張ったはず。



もっと良いものを、もっと精度を上げて、、、という心意気が伝わってきました。




人前に立って踊るという事の意味を、共有できる仲間が増えてくれることが、
とても頼もしく思える一日でした。





皆さま、お疲れ様でしたsign03








2017年5月 4日 (木)

5月になりました♪

Img_0734

ようやく待ち望んでいた5月になった。

自分へのあるハードルを設定して、先日無事終了した「パセオライヴ」note





やりたかった事がちゃんと意図したように伝わったかどうかは、
決して舞台上に居る自分には判らないけれど、、、




あの瞬間に出来ることはあれしかなかったと思いたい。。。





1週間に渡る自問自答。
なぜかまだ続く筋肉痛coldsweats01(なんかいつもとは違う変な力入れてたのかな・・・)





何のために踊るのだろう。
自分の体を使って、
踊らずにはいられない欲求に
身を任せる事って。




それを観た人の共感を得たいのかもしれないし、
一緒に楽しみたいのかもしれない。




でも、どうしても
「あー、楽しかったheart02
とは言えないなぁ。。。




「楽しんでもらえたかなぁshine
とは言えても。。。






















2017年2月17日 (金)

グラン・クロニカ・デル・カンテ 

Img_0809

寒さの中にも、時折春の気配を感じる暖かな日に、、、

わが師、エンリケさんより送られてきた一枚のCDnote

ジャケットにはサンタマリア号だろうか、、、スペインセラミックの帆船の絵

「GUAJIRASだぁheart01

なんだか、とてもうれしくなってしまいましたhappy01



エンリケさんのライフワークともいわれるこのCD集の制作は、
おそらくスペインでも(=世界中でも)類を見ないほどの、フラメンコ(カンテ)愛に満ち溢れた一握りの人たちによって紡がれている。



滅私。



エンリケさんのそれは、この言葉に尽きる。



フラメンコが好きすぎて、好きすぎてこうなってしまったんだよ、、、と実際に口にされるのを何度も聞いたことがある。




こんな極東の島国で、こんなに愛されてるフラメンコって、あらためて凄いよね。




そんな強烈なアフィシオナードスの末席に私も連なっていたいものです。
少しでも、滅私の心を忘れずに。。。。







2017年1月24日 (火)

新春ライブ終了しました!

Img_0407_2

毎年恒例 タブラオ「カサ デ エスぺランサ」新春ライブ、


無事に終了いたしました~~sign03


ご来場下さった皆さま、
本当にありがとうございました~~~heart01heart01heart01


写真は終了後の楽屋でのひとコマ(片桐さん、、いないけど、、)


メンバーは昨年2016年の新春ライブと同じメンバーですhappy01



去年1度会ったきりのメンバーなのですが、今年も同じ時期に同じように顔を合わせると、不思議なことに同窓会(昔からの友達!?)のような雰囲気になり、、、



お陰様でめちゃめちゃ熱い、ムイフラメンコな会になりましたnotes




これで、ようやく年が明けた気分です。




ライブで踊る事が日常だったスペイン時代と比べて、今は時々のライブでどれだけフラメンコに向き合えるかの体力&気力勝負punch




毎日毎日出来る事を、続けていく事、、、
その先にいつでも結果はついてきてくれる(はず)。




そんな当たり前のことに、今更ながら気付かされたライブでした。。。




「これからも、頑張ろう!!!!!」




さて、今年は、スタジオメンバーのライブ出演も企画しています。




2017年がスタジオにとってもますますフラメンコな年になりますよう願っていますshine















2016年8月 8日 (月)

神戸ナイト♪

Img_0233

お陰様をもちまして、無事終了いたしました!

「LA NOCHE FLAMENCA EN KOBE」・神戸フラメンコナイトnote


写真はスタジオのみんなが送ってくれた素敵なフラワースタンドshine


ありがとう~~~happy01




今回は、普段なら自分で行う様々な手配を、遠いところからたくさんの方のお力をお借りして「遠隔操作」で手配をするという、やり方になりました。




思えば、スペインに住んでいたころ行っていた数々の帰国コンサートもそうだったなぁ。。。


でも、あの頃はそんな方々の苦労も他人事のように、自分は踊っているだけでよいと思っていたのでした。。。なんて、未熟だったのだろう。。。(反省)






それで、今回の神戸ナイトでは、、、


Img_0222

はじめて、FARRUCAを踊りました。



むかし、アントニオ・ガデスが「FARRUCA」でフラメンコを悟った、、みたいな台詞を映画の中でいっていた気がするのですが、本当にそれは当たっているかもしれない。
まだまだ、悟れておりません。
もっと踊りこんでみたい。




Img_0223

おなじみのCOLOMBIANAnote


2部のクワドロでは、どんな要求にも応えてくれる鉄板のバックメンバー
shineユキさんshine
shine山岸さんshine
shine三木さんshine


そして、神戸から徳田悠乃さんhappy01
パワフルなバイレで華を添えてくれました。



特別出演は、悠乃ちゃんのお父様でギタリストの田中常美さん
ギターソロでは、素敵な「GUAJIRA」を披露して下さいました。



本当に沢山の沢山の方々のご協力を得て、
そして、たくさんのお客様のご支持を得て、
コンサートができた事。



どんなに感謝しても足りないくらいです。



本当に本当にありがとうございました!!!




2016年6月 1日 (水)

カンテをめぐる日々

Dvc00197

5月最後の週末、カンテの土曜クラスでのひとコマ。


名古屋からギターの山岸さんをお迎えし、
クラスで一通り終えたレトラを一人ずつ披露しましたhappy01


みんな、気持ちよく唄えたそうです(少なくとも、楽しんで唄おうという精一杯の頑張りは見えたよup


ただ、それを自分だけではなく
聞いている周りの人たちまで気持ちよくさせてあげられるかどうかが、
フラメンコでは大切なところ。。。


こうして少しずつでも、
フラメンコで会話ができる仲間が増えていって欲しいなぁsign03



そして、翌日、、、、



Img_0153


名古屋クラスのCHIEちゃんが、
地元である群馬県で初のソロライブを行いましたshine



ここまでの準備や練習、どんなにか大変だったと思いますが、
お客様の笑顔にすべてが報われたことでしょう。



とても素敵な会でしたnote




こうして、みんなが様々なシーンで頑張っている様子をとてもうれしく思います。
みんなの頑張りをこれからも見守っていきたいですconfident







より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ